当サイトの記事には広告が含まれます。
広告について

ケセラセラ歌詞に込められた意味は?曲にまつわる奇跡も紹介!

ケセラセラ歌詞に込められた意味は?曲にまつわる奇跡も紹介! エンタメ
エンタメ音楽
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ケセラセラ歌詞に込められた意味は?曲にまつわる奇跡も紹介!
記事で解決できる疑問
  • ケセラセラ歌詞に込められた意味・大森元貴の想いとは?
  • 曲にまつわるミセスの奇跡とは?

2023年12月30日放送の輝く!日本レコード大賞でミセスグリーンアップル(Mrs. GREEN APPLE)の「ケセラセラ」がレコード大賞に輝きました!

番組内で1回目の歌唱が終わった時に一番大きく鳴り止まない拍手に「これは獲れるのでは?」と思った方もいたのではないでしょうか。

そんな「ケセラセラ」の歌詞にはどんな意味があるのか、作詞作曲を担当した大森元貴さんの想いとは何なのか。

そして偶然に起こった「ケセラセラにまつわる奇跡」についてもまとめました!

ぜひチェックしてみてくださいね♪

  

スポンサーリンク

ケセラセラ歌詞に込められた意味とは?

「ケセラセラ」はドラマ「日曜の夜ぐらいは…」のために大森元貴さんによって書き下ろされた楽曲です。

  

「ケセラセラ」に込めた大森元貴の想い

大森元貴さんはケセラセラについて、「今を頑張って生きる全ての人へのファンファーレの気持ちを込めた」と語っていました。

誰もが持つ苦しさに寄り添って優しく背中を押してくれる、頑張る自分たちへの祝福のような優しい歌詞と清々しい音楽が多くの心を掴み、レコード大賞2023受賞に繋がったのではないでしょうか。

「ケセラセラ」、スペインの言葉で「なるようになる」という意味です。
生きている中でどうしてもグッと堪えなければいけない局面、肩を落とす瞬間、たくさんあると思いますが、なるようになる。良いとか悪いとかではなく、なるようになる。そう信じて楽曲を書きました。1曲の中で様々な感情の情緒が感じられる楽曲だと思います。今を頑張って生きる全ての人へのファンファーレの気持ちを込めました。

引用:日曜の夜ぐらいは…

  

  

「ケセラセラ」の歌詞の意味を考察

「ケセラセラ」とは元々はスペイン語「que será, será (なるようになるさ)」から来ているそうです。

1957年にアメリカで公開された映画「知りすぎていた男」の中で、ドリス=デイが歌った主題歌のタイトルであり、映画がきっかけで流行した言葉です。

ミセスグリーンアップルの「ケセラセラ」の歌詞にも「限界?上等 やってやろうか」という歌詞があり、「なるようになる(からやってやろう)」という気持ちが伝わってきます。

また、「勝てなくたっていい 負けない強さを持ちたい」「だから 今日は ちょっとだけご褒美を 笑える日は来るから」という歌詞からは、大森元貴さんの「良くも悪くもなるようになる(けど大丈夫)」という前向きな思いが込められているのではないでしょうか。

そして最後の最後の大サビの部分「ファンファーレ 明日も『つづきから』」「なるようになるのさ ケセラセラ」という部分はまさに大森元貴さんからのファンファーレと受け取れますよね。

歌詞全体を通して辛さや苦しさに寄り添いながら、「なるようになる、大丈夫」という暖かさが感じられる楽曲です。

また、大森元貴さんの「今を頑張って生きる全ての人へのファンファーレの気持ち」がケセラセラの随所から溢れんばかりに伝わってきます。

  

スポンサーリンク

  

「ケセラセラ」にまつわる奇跡とは?

実は2年前の2021年12月30日はミセスグリーンアップルのメンバーが2人脱退した日。

ベース担当の高野清宗さんとドラムの山中綾華さんが脱退して、現在の3人体制となった転換点の日なんです。

そして2023年12月30日にレコード大賞を受賞した「ケセラセラ」の歌詞にある「生まれ変わるなら?『また私だね』」というのは山中綾華さんの言葉なのではないかという噂があるんです。

以前、ファンからの質問に「生まれ変わったら何になりたいですか?」という質問に「また私になりたいです」と笑顔の顔文字と共に答えた山中綾華さん。

偶然ではありますが、脱退してしまったメンバーからの激励や祝福のようにも感じられる奇跡にも思えてしまいました。

テレビの前で山中綾華さんも喜んでいてくれてたらいいなあ、と強く思います。

▶︎関連:山中綾華の現在は士業とドラムの二刀流?ミセス脱退理由や復帰の可能性も調査!

▶︎関連:Mrs.GREENAPPLEメンバー脱退理由9選!不仲説・いじめとの関係を調査

  

  

レコード大賞受賞「ケセラセラ」の歌詞へのSNSの反応

SNSの声イメージ

最後に、レコード大賞受賞「ケセラセラ」の歌詞へのSNSの反応を一部まとめました。

多くの人がケセラセラの歌詞に励まされた、勇気をもらった、大好きとコメントしていました。

きっとこれからももっとたくさんの人を勇気づけ続けてくれる名曲ですね…!

  

スポンサーリンク

  

ケセラセラ歌詞意味は?曲にまつわる奇跡のまとめ

今回は、レコード大賞2023受賞の「ケセラセラ(ミセスグリーンアップル)」について歌詞に込められた意味や、曲にまつわる奇跡についてまとめました。

「ケセラセラ」はドラマ「日曜の夜ぐらいは…」のために大森元貴さんが書き下ろした楽曲で、「今を頑張って生きる全ての人へのファンファーレの気持ちを込めた」楽曲です。

そんな「ケセラセラ」にはミセスグリーンアップルにまつわる奇跡があり、メンバーが脱退発表した日の2年後にレコード大賞受賞。

しかもその歌詞で多くの人を惹きつける「生まれ変わるならまた私だね」は脱退した山中綾華さんの言葉ではないかと言われているんです。

偶然ではありますが、同じ日にレコード大賞受賞ということで「山中綾華さんからのエール・祝福」ともとれる奇跡に思えてしまいませんか…?

誰もが持つ苦しさに寄り添って優しく背中を押してくれる、頑張る自分たちへの祝福のような優しい歌詞と清々しい音楽が多くの心を掴み、レコード大賞2023受賞に繋がったのではないでしょうか。

「ケセラセラ」は、これからもより多くの人に聞きづづけてほしい名曲ですね。

ミセスグリーンアップルの皆様、本当におめでとうございます!

では、ここまで読んでいただきありがとうございました!

▶︎関連:ミセスグリーンアップルのメンバー身長は?性別・年齢・プロフィールまとめ!

▶︎関連:大森元貴の関連記事一覧まとめ

▶︎関連:藤澤涼架の関連記事一覧まとめ

▶︎関連:若井滉斗の関連記事一覧まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ音楽
スズメをフォローする