当サイトの記事には広告が含まれます。
広告について

石川祐希は頭いい&イタリア語ペラペラ!出身大学の学部はどこ?学歴(高校・中学校・小学校)偏差値まとめ

石川祐希は頭いい&イタリア語ペラペラ!出身大学の学部はどこ?学歴(高校・中学校・小学校)偏差値まとめ スポーツ
スポーツ男子バレー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
石川祐希は頭いい&イタリア語ペラペラ!出身大学の学部はどこ?学歴(高校・中学校・小学校)偏差値まとめ
記事で解決できる疑問
石川祐希
  • 頭いい&イタリア語ペラペラなのはなぜ?
  • 出身大学の学部はどこ
  • 学歴(高校・中学校・小学校)と偏差値は?

2024年パリオリンピック代表にも選抜されている石川祐希(いしかわ・ゆうき)選手といえば、日本を代表するバレーボール選手です。

実は、そんな石川祐希選手は頭が良くてイタリア語も独学でペラペラなんです!

一体大学ではどんな学部だったのか、小学校からの学歴や偏差値もまとめて調べてみました。

ぜひチェックしてみてくださいね♪

  

スポンサーリンク

石川祐希は頭いい&イタリア語ペラペラ!理由と勉強法3つまとめ

石川祐希選手は頭がよく、
独学でイタリア語もペラペラです。

石川祐希選手は2014年の時にイタリアのクラブセリエAのパッラヴォーロ・モデナと契約をしました。

実は、その時には特にイタリア語は全く話せなかったそうです。

しかしその後、独学でイタリア語を勉強!

今では通訳なしで日常会話をできるほど上達したとのこと。

そんな石川祐希選手がイタリア語を学ぶのに、3つの勉強法がありました。

石川祐希の語学勉強法
①カタカナ検索
②つづりを聞き取れたら紙の辞書を使う
③文法よりも単語

以下で詳しくご紹介させていただきます。

▶︎関連:石川祐希の結婚相手はイタリア人の彼女?好きなタイプや結婚観も調査

  

石川祐希の語学勉強法:①カタカナ検索

石川祐希選手はイタリアで生活する中で、わからなかった言葉をカタカナで「〇〇 イタリア語」という風にネットで検索したそうです。

まずはとにかく単語の意味を調べることにしたみたいですね。

  

スポンサーリンク

  

石川祐希の語学勉強法:②つづりを聞き取れたら紙の辞書を使う

そして、ローマ字のつづりまで聞き取れるようになったら、紙の辞書を使いながらマーカーを使って単語を引いていたそうです。

辞書も使ってしっかりと単語の意味を理解しながら勉強していったんですね。

  

スポンサーリンク

  

石川祐希の語学勉強法:③文法よりも単語

ある程度単語がわかるようになってきたら、今度は文法を覚えて正しく伝えることにシフトしていったそうです。

最初に単語を覚えてから、そのあとに文法を覚えていったんですね。

普通の人だと文法から最初に覚えるとなってしまいそうですが、石川祐希選手の勉強法から地頭の良さが出ていますね。

  

スポンサーリンク

  

石川祐希の出身大学の学部はどこ?学歴(高校・中学校・小学校)偏差値まとめ

石川祐希選手の出身大学の学部は
法学部政治学科(中央大学)」です。

また、石川祐希選手の学歴(大学・高校・中学校・小学校)はこちらです。

石川祐希の学歴
出身大学学部:中央大学法学部政治学科(偏差値63)
出身高校:星城高等学校(偏差値38-62)
出身中学校:岡崎市立矢作中学校
出身小学校:岡崎市立矢作南小学校

石川祐希選手は高校・大学はスポーツ推薦で入学しているようです。

しかし、バレーボールで冷静にプレーしている姿をみると、とても頭がいいのだと感じますよね。

以下で詳しく学歴や偏差値を見ていきましょう。

▶︎関連:石川祐希の両親は身長が高い!兄弟・家族構成・実家の住所を調査

  

石川祐希の出身大学学部:中央大学法学部政治学科

石川祐希選手は中央大学法学部政治学科に通っていました。

大学に入学してすぐにレギュラーに抜擢された石川祐希選手は、大学1年の時にインカレで3冠を達成したそうです。

そして、イタリアのセリエAのパッラヴォーロ・モデナから3カ月の期限付きでオファーがありました。

このとき石川祐希選手は、海外のバレーに関する知識は持っていなかったとのこと。

しかし「世界」というキーワードにとても好奇心が湧き、行きますと即答したそうです。

イタリア・セリエAの強豪であるモデナから短期留学でチームに加入しないかという誘いが舞い込む。海外バレー事情に対する知識はまったくと言っていいほどなかったが、「世界」というキーワードは魅力的だった。

引用:4years.

  

スポンサーリンク

  

石川祐希の出身高校:星城高等学校

石川祐希選手は、星城高等学校に通っていました。

星城高等学校といえばバレーボールの名門校であり、春高バレーの常連だそうです。

そして、石川祐希選手が高校2年生のときにはインターハイ・春高バレー・国体の3冠を獲得しています。

3年生のときにも同じく3冠を達成しており、2年連続3冠という偉業を成し遂げました。

また、春高バレーでは最優秀選手に選ばれるなど、当時からとても活躍していたそうですね。

  

スポンサーリンク

  

石川祐希の出身中学校:岡崎市立矢作中学校

石川祐希選手の出身中学校は、岡崎市立矢作中学校です。

入学した当初は石川祐希選手の身長は160cmしかなく、とても大変な思いをされたそうです。

それでも、努力を続けていった石川祐希選手は、2年生の頃には170cmにもなり、3年生には180cmを超えるまで背が伸びたそうです。

石川祐希選手の現在のオールラウンダーとしての原点はこの時の経験が大きいのではないかと思います。

持ち前の運動神経に磨きをかけたこの時期の地道な奮励は、石川を支える原点の一つと言っていいだろう。その後、2年生の時には170センチほど、3年生のころには180センチを超えるまで背を伸ばし、チームのエースへと成長していった。

引用:オリンピック公式サイト

  

スポンサーリンク

  

石川祐希の出身小学校:岡崎市立矢作南小学校

石川祐希選手は岡崎市立矢作南小学校の出身で、バレーボールを始めたのもこの頃だったそうです。

まだ小学3年だった石川祐希選手は、1つ年上の姉が入っていたバレーボールクラブの試合を見学していました。

するとコーチから「ちょっと出てみろ」と言われたそうです。

急だったので、短時間で助走の取り方やジャンプの仕方などを教えてもらったとのこと。

そして、いざ試合に出てアタックをしたら、いきなり決まってしまったそうです。

石川祐希選手はこれがきっかけで、当時少年野球を始めたばかりだったのですが、バレーボールへと変更しました。

はじめての試合で練習もほとんどせずにアタックが決まるなんて凄いです。

小学生の頃からバレーボールの才能が開花していたんですね。

石川祐希「バレーボールを始めたきっかけ」
引用:子ども応援便り

  

スポンサーリンク

  

石川祐希は頭いい&イタリア語ペラペラ!学歴(大学・高校・中学校・小学校)偏差値まとめ

今回は、バレーボール男子日本代表選手の石川祐希選手についてイタリア語がペラペラな理由や学歴を調査しました。

石川祐希選手は独学ながら、3つの勉強法でイタリア語がペラペラに話せるようになったようです。

石川祐希の語学勉強法
①カタカナ検索
②つづりを聞き取れたら紙の辞書を使う
③文法よりも単語

そんな石川祐希選手の学歴がこちらです。

石川祐希の学歴
出身大学学部:中央大学政治学科(偏差値63)
出身高校:星城高等学校(偏差値38-62)
出身中学校:岡崎市立矢作中学校
出身小学校:岡崎市立矢作南小学校

2024年にはパリオリンピックもありますし、今後の活躍が楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

▶︎関連:高橋藍の学歴まとめ!小学校・中学校・高校・大学時代の身長やエピソードも調査

▶︎関連:西田有志の高校偏差値は44!小学校・中学校・高校の学歴とエピソードまとめ

▶︎関連:関田誠大は小学校・中学校・高校・大学で全国優勝!戦績と学歴・学生時代のエピソードまとめ

▶︎関連:山内晶大は守山東中学出身!高校・大学の学歴と学生時代のエピソードまとめ

▶︎関連:小野寺太志は中学校からバレーに転向!小学校時代や高校・大学時代の戦績と学歴まとめ

▶︎関連:2024男子バレーはイケメン揃い!海外の反応は?日本代表人気9人のプロフィールを紹介

TOPページへ