当サイトの記事には広告が含まれます。
広告について

西田有志の高校偏差値は44!小学校・中学校・高校の学歴とエピソードまとめ

西田有志の高校偏差値は44!小学校・中学校・高校の学歴とエピソードまとめ スポーツ
スポーツ男子バレー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
西田有志の高校偏差値は44!小学校・中学校・高校の学歴とエピソードまとめ
記事で解決できる疑問
西田有志
  • 高校偏差値は44は本当?
  • 小学校・中学校・高校の学歴は?
  • 学生時代のエピソードは?

西田有志(にしだ・ゆうじ)選手といえば、パリオリンピック男子バレーボール日本代表にも選出された注目の選手ですよね。

今回はそんな西田有志選手の高校の偏差値は44という噂は本当なのか。

また気になる学歴と学生時代のエピソードについて調べてみました。

ぜひチェックしてみてくださいね♪

  

スポンサーリンク

西田有志の高校偏差値は44!

西田有志選手の通っていた高校の
偏差値は44だそうです。

部活動が盛んな学校で、硬式野球部では甲子園の常連にもなっているとのこと。  

しかし、バレーボール強豪校というわけではなかったようです。

それでは、以下で詳しくみていきましょう。

  

西田有志の出身高校は海星高校

西田有志選手は、三重県にある海星高校に通っていました。

高校3年生の時には、全国高校総体に出場しベスト16に入ったそうです。

しかし、西田有志選手は2年連続で県立松阪工業高校に敗れ、惜しくも春高バレーには出場できなかったそうです。

高校時代に全日本高校選手権(春高バレー)に出場することはできなかった。2016年11月と2017年11月、三重県高校選手権決勝で県立松阪工業高校と対戦して、いずれも敗れている。

引用:オリンピック公式サイト

  

スポンサーリンク

  

西田有志は強豪校からの誘いを断って地元高校を選んだ

西田有志選手は高校に進学する際に、強豪校からの誘いがありましたが、あえて地元の高校を選んで進学したそうです。

その理由は、

「ずっと上にいるよりも、下から倒していくほうが楽しい」

と西田有志選手は語っていました。

そして、その言葉通り全国高校総体に出場しベスト16という結果を出しました。

とてもチャレンジ精神のある行動ですよね。

ちゃんと結果を出しているのもとてもすごい事で、努力されたのだと思います。

中学、高校進学の際には全国的に有名な強豪校からの誘いもあったが、地元の学校を選んだ。
「強いところに行ってずっと上にいるより、下から倒していくほうが楽しいというか、そっちの方が人生的にもいいかなと思ったので」

引用:NumberWeb

  

スポンサーリンク

  

西田有志の小学校・中学校・高校の学歴とエピソードまとめ

西田有志選手は、地元である三重県の学校に高校まで通っていました。

西田有志の学歴
小学校:いなべ市立石榑小学校
中学校:いなべ市立大安中学校
高校:海星高校

5歳の頃からバレーボールをやっていた西田有志選手は、これまでたくさんのトロフィーやメダルを獲ってきたそうです。

以下で詳しく見ていきましょう。

実家の棚には、世界大会のタイトルトロフィーやメダルが飾られ、輝かしい功績の数々が並びます。

引用:東海テレビ

  

西田有志の出身小学校:いなべ市立石榑小学校

西田有志選手は、いなべ市立石榑小学校に通っていました。

幼いころからジュニアバレーボールに通っていた西田有志選手は、小学4年生の頃に全国大会に出場したこともあるそうです。

当時からとても負けず嫌いで、県大会で負けた時には悔しい思いをしたとのこと。

その反骨精神で、今では日本代表選手にまでなれたのはとても凄いですね。

小学4年生の時に一度だけ全国大会に出場しましたけど、5年生と6年生の時は県大会で負けてしまって悔しい思いをしました。

引用:GROWING

  

スポンサーリンク

  

西田有志の出身中学校:いなべ市立大安中学校

西田有志選手の出身中学校は、いなべ市立大安中学校です。

なんとそこでは部員が6人しかおらず、しかもバレーボール初心者もいたそうです。

さらには毎年顧問の先生が変わるため、教えてくれる先生もいなかったとのこと。

自分が教えるしかないと考えた西田有志選手は、小学校のクラブチームを見学したりしながら、指導について学びに行きました。

その結果、中学3年生の時には東海大会でベスト8までいったそうです。さらに、JOCジュニアオリンピックカップ全日本都道府県対抗中大会にも出場、決勝トーナメントに進出するまで成長しました。

小学校のクラブチームを見学して、どんな指導をしているのか学びに行きました。毎週のように顔を出して、球出しもしました。教わるというよりも、見よう見まねで吸収していくというか

引用:GROWING

  

スポンサーリンク

  

西田有志は英語がペラペラな理由

西田有志選手は、なんと英語もペラペラとのことです。

詳しい勉強法などは出てきませんでしたが、日本代表になったときの監督が外国の方で、4年目の頃にやっと話せるようになったそうです。

  

西田有志は2019年はまだ英語が得意じゃなかった?

西田有志選手は2019の時点では、まだ英語が話せてませんでした

インタビューを英語で聞かれたときにも、かなり戸惑った様子だったとのこと。

しかし、そこから2年で英語がペラペラになるまで上達したそうです。

  

スポンサーリンク

  

西田有志は2021年には英語がペラペラに

西田有志選手は、日本代表になって4年目の2021年には英語が話せるようになっていました。

インタビューでも、かなり流暢に話していますよね。

西田有志選手は英語の勉強は一切していないと話していましたが、必要性は感じていたようです。

監督の話す単語を聞き取りながら、3年目には話している内容がわかるようになり、4年目でようやく話せるようになったとのことです。

特に勉強をせず、日常の中で身につけていったなんてセンスを感じますね。

僕は勉強は一切していないです。日本代表に入ったときの監督がフランスの方でした。さすがに1年目は英語も分かりませんでしたが、2年目から同じような単語を言っているなと思うようになって、3年目で何を言っているのかが分かるように、そして4年目でしゃべれるようになりました。

引用:月刊バスケットボールWEB

  

スポンサーリンク

  

西田有志の高校偏差値は44!小学校・中学校・高校の学歴とエピソードまとめ

今回はバレーボール男子日本代表の西田有志選手の高校の偏差値について調査しました。

また小学校・中学校・高校の学歴とエピソードについて調べてみました。

西田有志の学歴
小学校:いなべ市立石榑小学校
中学校:いなべ市立大安中学校
高校:海星高校(偏差値44)

  • 高校進学時には、強豪校の誘いを断って地元の高校へ進学
  • 高校時代は全国高校総体に出場、ベスト16
  • 小学4年生の時に全国大会に出場
  • 中学時代は選手兼コーチの役割をこなしていた
  • 2019年の時点では英語が話せていなかった
  • 2021年には英語がペラペラになっていた

西田有志選手は、とても努力家で向上心が強い選手だったことがわかりました。

2024年に開催されるパリオリンピックに向けて、ますます応援したくなりますね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▶︎関連:西田有志の両親の年齢や身長は?父母の経歴や兄弟・家族構成も調査【画像あり】

▶︎関連:西田有志にタトゥーはない!噂の原因4つと誹謗中傷の内容を調査

▶︎関連:西田有志の身長が伸びたのはいつ?身長時系列・古賀紗理那との身長差を調査

▶︎関連:高橋藍の学歴まとめ!小学校・中学校・高校・大学時代の身長やエピソードも調査

▶︎関連:石川祐希は頭いい&イタリア語ペラペラ!出身大学の学部はどこ?学歴(高校・中学校・小学校)偏差値まとめ

▶︎関連:山内晶大は守山東中学出身!高校・大学の学歴と学生時代のエピソードまとめ

▶︎関連:小野寺太志は中学校からバレーに転向!小学校時代や高校・大学時代の戦績と学歴まとめ

▶︎関連:2024男子バレーはイケメン揃い!海外の反応は?日本代表人気9人のプロフィールを紹介

TOPページへ