当サイトの記事には広告が含まれます。
広告について

高橋藍の学歴まとめ!小学校・中学校・高校・大学時代の身長やエピソードも調査

高橋藍の学歴まとめ!小学校・中学校・高校・大学時代の身長やエピソードも調査 スポーツ
スポーツ男子バレー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
高橋藍の学歴まとめ!小学校・中学校・高校・大学時代の身長やエピソードも調査
記事で解決できる疑問
高橋藍
  • 学歴は?
  • 小学校・中学校・高校・大学時代の身長はどのくらい?
  • 学生時代のエピソードは?

髙橋藍(たかはし・らん)選手と言えば2024年に開催されるパリオリンピック男子バレーにも出場予定の今大注目の選手ですね。

今回はそんな髙橋藍選手の、学歴や身長について調べてみました。

また、学生時代のエピソードについてもまとめました!

ぜひチェックしてみてくださいね♪

  

スポンサーリンク

高橋藍の学歴と学生時代の身長まとめ!

高橋藍選手の学歴と学生時代の身長をまとめたものがこちらです。

  • 小学校:京都市立常磐野小学校 2014年卒業 
  • 中学校:京都市立蜂ヶ岡中学校 2017年卒業(158cm)
  • 高校:東山高等学校 2020年卒業(187cm)
  • 大学:日本体育大学 2024年卒業(188cm)

髙橋藍選手は高校までは地元である京都府の学校に、大学からは東京にある日本体育大学に通っていたようですね。

それでは、詳しくみていきましょう。

  

スポンサーリンク

  

高橋藍の出身小学校:京都市立常磐野小学校

髙橋藍選手の出身小学校は、京都市立常磐野小学校です。

バレーボールは小学校2年生の頃から始めたそうです。

  

小学1年生の時にスカウトされる

髙橋藍選手は小学1年生の頃に兄のバレーボールの練習についていった際にスカウトされました。

実は、コートの端でボール遊びをしていた髙橋藍選手をみて、当時から監督は素質があると感じていたそうです。

そんなある日、練習試合で人数が足らない時があり、監督に試合に出てくれと頼まれたことがありました。

これがきっかけとなり、髙橋藍選手はバレーボールの世界に足を踏み入れていったようです。

▶︎関連:髙橋藍はハーフじゃなくどこの国のクオーター?3兄弟の経歴と母親・父親の職業や家族構成も調査

藍が小学1年生の時、3年生だった塁が、テレビで観た女子バレーボールの栗原恵に憧れ、「京都ヤングバレーボールクラブ」でバレーを始めた。その練習についていくうちに、藍もチームに入ることになった。

引用:NumberWeb

  

スポンサーリンク

  

小学5年生で挫折しかける

髙橋藍選手は、小学5年生のときに挫折しかけたことがあったそうです。

理由は、ずっと一緒にバレーボールをやっていた兄の塁さんが中学校に入ったことでチームからいなくなってしまったことだそうです。

一人になってしまった髙橋藍選手は、辛い思いをしてまでバレーボールを続けている意味が分からなくなってしまったとのこと。

そんな髙橋藍選手は、当時初めてバレーボールを辞めたいと言ったらしいです。

結局、髙橋藍選手の性格をよく知っている両親から辞めさせてはもらえず、バレーボールを続けることになったみたいですね。

しかし、オリンピックの選手にまでなることが出来ていますし、今となっては辞めずに良かったのではないでしょうか。

最初は塁のバレー好きに引っ張られていたため、塁が卒業して藍が5年生になる頃、母に「バレーをやめたい」と言い出した。

引用:NumberWeb

  

スポンサーリンク

  

高橋藍の出身中学校:京都市立蜂ヶ岡中学校

髙橋藍選手は、京都市立蜂ヶ岡中学校に通っていました。

中学時代も兄である塁さんと一緒に部活でバレーボールをやっていたそうです。

  

中学校に進学した時の身長は158cm

髙橋藍選手の身長は、中学校に進学した時で158cmだったとのこと。

一般的な中学1年生の平均身長ぐらいにはなりますが、もしかしたらバレーボールをやっている同年代に比べると少し低かったのかもしれませんね。

京都市立蜂ヶ岡中学校に進学した当初、藍の身長は158cmだったという。

引用:web Sportiva

  

スポンサーリンク

  

中学1年生はリベロ、中学3年生はスパイカーで全国大会出場

髙橋藍選手は中学1年生の頃は、リベロのポジションでした。

兄の塁さんが引退した中学3年生のころは、スパイカーのポジションになっています。

どちらも全国大会にまで出場していて、昔からバレーボールで活躍されていたのがわかりますね。

1年生の時は兄の塁がエース、藍はリベロのポジションに入り、全国大会に出場した。
(中略)
藍は兄の卒業後、スパイカーとしても全国大会に出場しているが、現在の彼の土台はこの時期に作られたようだ。

引用:web Sportiva

  

スポンサーリンク

  

高橋藍の出身高校:東山高等学校

髙橋藍選手の出身高校は、東山高等学校です。

スポーツが盛んなところで、バスケットボールや卓球なども強豪校になります。

兄の塁さんも同じ東山高等学校に通っていたそうで、中学と同様に一緒にバレーボールをしていたそうです。

  

高校3年生で春高バレー優勝し、MVP受賞

髙橋藍選手は高校1年生、2年生の時に洛南高校の壁に阻まれて、春高バレーには出場できなかったそうです。

しかし、高校3年生の時には見事に春高バレーに出場し、キャプテンとしてチームを率いて初優勝を勝ち取っています。

さらには最優秀選手賞であるMVPも獲得しました。

高校最後の大会である2020年1月の春高バレーで、高橋は主将、エースとしてチームを牽引し、東山高を悲願の初優勝に導いた。

引用:Numberweb

  

スポンサーリンク

  

2020年度日本代表登録メンバーに選出

髙橋藍選手は、2020年に東京オリンピックに向けた日本代表登録選手に初選出されました。

ユース、ジュニアなどの世代別代表に選ばれた経験がなかった高橋藍選手にとって初めての日本代表の座でした。

また、代表合宿に参加後には当時の日本代表監督から「高校3年生でこれだけできるなんて」と褒められたそうです。

『18歳の高校3年生でこれだけできるとは、正直びっくりしています』とわざわざ連絡をくださって。

引用:Numberweb

  

スポンサーリンク

  

高橋藍の出身大学:日本体育大学

髙橋藍選手は、日本体育大学の体育学部に進学しました。

進学の理由は、厳しい環境に身を置くことで実力を付けたかったからだそうです。

また、大学ではスポーツに関するトレーニング学や栄養学なども学ぶことで実戦でも1年でエースとしてインカレ出場・決勝進出できたそうです。

日体大への進学を選んだのは、厳しい環境で自分を追い込み、力をつけたかったからです。

引用:Thinkキャンパス

  

兄との兄弟対決実現

2020年に行われた全日本バレーボール大学男子選手権大会で、髙橋藍選手と兄の塁さんの兄弟対決が実現しました。

結果は髙橋藍選手が塁さんの大学を破って決勝進出をしたそうです。

ずっと一緒にバレーボールをやってきた兄を超えていくのは、何だか感慨深いですよね。

きっと兄の塁さんも、髙橋藍選手の成長を感じたのではないでしょうか。

攻めの姿勢を貫いた日本体育大が日本大をストレートで破り、6年ぶりに決勝戦進出を決めた。

引用:VOLLEYBALL NEXt

  

スポンサーリンク

  

2020年東京オリンピックに出場

髙橋藍選手は2021年に開催された東京オリンピックに出場しました。

そして、小学生の時の夢でもあった東京オリンピックへの出場という目標が、実現したことになります。

結果としてメダルには届きませんでしたが、髙橋藍選手はチームの主力として活躍し、その実力が世界にも知られることとなりました。

髙橋はプレーではもちろん、端整な顔立ちも相まって大きな注目を集めた。

引用:Sportiva

  

スポンサーリンク

  

2021年度イタリア・セリエAのパドバに期限付きで加入

髙橋藍選手は大学4年生のインカレが終了するとイタリア・セリエAのパッラヴォーロ・パドバに期限付きで加入しました。

当初は2022年のシーズンが終わるまでの期間限定でしたが、契約を更新し2023年のシーズンまでプレーをしていたとのことです。

髙橋藍選手の憧れの選手でもある、石川裕希選手がかつて所属していたチームでもあります。

  

スポンサーリンク

  

2023年イタリア・セリエAのヴェロ・バレー・モンツァと契約

髙橋藍選手は2023年6月からイタリア・セリエAのヴェロ・バレー・モンツァと契約をしました。

アウトサイドヒッターとして活躍

日本人では19季ぶりのプレーオフ準優勝と、カップ戦のコッパイタリア、CEVチャレンジともに準優勝を果たしました。

  

スポンサーリンク

  

2024年7月には日本のサントリーサンバーズに移籍

また、2024年7月からは日本のサントリーサンバーズに移籍することが発表されました。

サントリーサンバーズには兄・髙橋塁さんも所属しているので、夢の兄弟プレーが見られるかもしれませんね♪

バレーボール男子日本代表の高橋藍(らん)がイタリア1部・セリエAのモンツァから日本のサントリーサンバーズに移籍することが決まった。

引用:SPORTS BULL

  

スポンサーリンク

  

高橋藍の学歴・身長や学生時代のエピソードまとめ

今回は、バレーボール男子日本代表選手の一人である高橋藍選手の学歴をまとめました。

また、小学校・中学校・高校・大学時代の身長やエピソードも調査しました。

高橋藍選手の学歴と学生時代の身長まとめがこちらです。

  • 小学校:京都市立常磐野小学校 2014年卒業 
  • 中学校:京都市立蜂ヶ岡中学校 2017年卒業(158cm)
  • 高校:東山高等学校 2020年卒業(187cm)
  • 大学:日本体育大学 2024年卒業(188cm)

髙橋藍選手は小学生1年生からバレーボールをやっており、今もイタリアで活躍されているすごい選手であることがわかりました。

2024年に開催されるパリオリンピックにむけても、ますます期待が高まりますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

▶︎関連:髙橋藍の彼女は那須ほほみじゃない!本田真凜との熱愛の真相と好きなタイプ7つを調査

▶︎関連:石川祐希は頭いい&イタリア語ペラペラ!出身大学の学部はどこ?学歴(高校・中学校・小学校)偏差値まとめ

▶︎関連:西田有志の高校偏差値は44!小学校・中学校・高校の学歴とエピソードまとめ

▶︎関連:関田誠大は小学校・中学校・高校・大学で全国優勝!戦績と学歴・学生時代のエピソードまとめ

▶︎関連:山内晶大は守山東中学出身!高校・大学の学歴と学生時代のエピソードまとめ

▶︎関連:小野寺太志は中学校からバレーに転向!小学校時代や高校・大学時代の戦績と学歴まとめ

▶︎関連:2024男子バレーはイケメン揃い!海外の反応は?日本代表人気9人のプロフィールを紹介

TOPページへ